「最後の五輪」へ…長洲未来 驚異的な24歳でのトリプルアクセル成功

キャプチャ22

9月半ばに行われたフィギュアスケートのUSインターナショナルクラシックで、24歳の長洲未来(米国)がトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を2度着氷した。
昨季、国内では14歳(当時)の紀平梨花がトリプルアクセルを成功させて話題となったが、長洲は現在24歳。かつて14歳で全米女王となった元天才少女も、フィギュア界ではもうベテラン選手だ。女子は体の成長に伴い、若い頃に跳ぶことができたジャンプを跳べなくなる選手が多い中、20代半ばで高難度のジャンプをマスターしたのは驚異的とも言える。
長洲はこう明かす。「ずっと跳びたいと思っていたけれど、すごく難しかった。まずはやせないといけない。今は生野菜を多く食べています。筋トレの量も増やしました」。ぽっちゃりしていた時期もあったが、今季の長洲の体は絞れている。食生活の改善とトレーニングによって、体に作り直したのは傍から見ていてもよく分かる。
4位となった10年バンクーバー五輪以降、体の変化や故障で苦しんできたが、来年2月の平昌五輪で2大会ぶりの出場を目指している。「最後の五輪だと思う。(トリプルアクセルに)挑戦しないのはもったいない。大人になって跳べる人は少ないし、大人になって跳ぶことにはもっと意味がある」。トリプルアクセルを武器に再び五輪の大舞台で勝負することが競技人生最後の目標だ。


引用元はこちら 





ネットの反応   


女子ジャンプが全然進歩しなかったのは、採点システムのせい!!!アクセルをキチンと評価してこなかったせい!!!進歩がない


男子と女子を見比べるとそもそもトリプルアクセルは女子の身体能力では無茶じゃないかと思えてくる。男子でも難しいのに。跳べる人が奇跡


3-3を跳ぶ選手がここ5年くらい急増しています。充分にレベルアップしていると思いますよ


現状に満足せず常に自分自身の最高レベルを追及していくのがアスリートだと思うが、そういう意味で長洲選手は凄いよ。普通なら24歳で3Aに挑戦しようなんて思わないから・・・


スポーツ選手のピーク年齢は、20代前半から半ばくらいに来るのが健全だと思うし、見ていて面白い。でも女子フィギュアは十代半ばでピークを迎える選手が多く、選手寿命が短くなる傾向にあるのは残念。


ルール改正でどんどん難しいジャンプが評価されにくくなっていますが、未来ちゃんには自分のためにもトリプルアクセルを飛び続けて欲しい。


バンクーバーの時がピークだったと思うが、それから今までよく頑張ってきたと思う。それもトリプルアクセルまで飛んじゃうんだから凄い。全米でも成功させれば、選ばれそう。


オリンピックが終わった翌シーズンなどで、日本人を含め「試合で3Aに挑戦したい!」と決意表明する選手が結構出てくるけど、次のオリンピックシーズンで3Aに挑み続けているのは数名だけ。


試合での挑戦こそなかったけれど、彼女もシニアに上がる前から3Aの練習をしていましたよね!何かのイベントで真央ちゃんに、どうやったら3Aが跳べますか?って聞いてたことがあるね


ミライちゃんのこれぞスポーツフィギュアというダイナミックな滑りとモーションが好きだし、チャレンジ精神とガッツがあるところも好き。


長洲未来のあの笑顔で終われますように。なんだか寂しいな。

 
今後は代表の座に向けてアクセルは回避していくかなと感じていましたが、この発言内容からするとGPSでも全米でも組み込んでくるかもしれないですね。楽しみだし素晴らしい事だと思います。


その試合、長洲選手はかなりURくらってましたが、そんな中でも3Aは回りきってたんですよね。もうマグレの一発ではないところまで来てるというのが分かります。


ツイッターにあがっていた練習動画を見てから、今季は試合で挑戦してくれるだろうかと楽しみに待ってました。長いスランプに耐えて、ここまでねばってくれて嬉しいです。