宮原を襲う回転不足渦「自分では大丈夫という感覚」も…個人戦までに払拭なるか

IMG_20170719_210310-crop


宮原知子(19)=関大=は68・95点で4位となり、団体戦の得点で7ポイントを獲得した。得点源となる冒頭の連続3回転ジャンプが、ともに軽度の回転不足の判定を受け、個人戦に向けて課題を残す結果となった。

演技直後には両手を突き上げてガッツポーズした宮原だったが、チームメートに囲まれた応援席で、70点に届かない68・95点を見ると、表情が凍り付いた。「演技自体はすごく良かったと思うけど、得点は悔しい」。最大の原因は、得点源である冒頭の3回転ルッツ-3回転トーループがともに軽度の回転不足をとられたこと。「ジャンプは大丈夫という感覚だった。点が出たときに全部アンダー(ローテーション)を取られたんだと。悔しい」と、自身の感覚と、ジャッジの判定との違いに戸惑いを隠せなかった。

引用元はこちら
  




一般的な反応は?
IMG_20170719_210310-crop


・ガッツポーズが出るくらいの、納得した滑りだったのに、この点数は悔しいよね

・限界が見えたね。才能が無いんだよ。

・採点が激辛(;一_一)

・いつもいつもそう。完璧に見えても回転不足だけでなく、演技構成点まで下げられる。そういうイメージが付いちゃってる。

・セカンドはともかくルッツまで回転不足はないと思う。速報から5点下がるなんてショートで見たことない。

・採点競技の採点者への調査はどうなんだろう?例えば袖の下はないかとか。

・フェアなスポーツの場でも韓国は日本に厳しいように感じて、めちゃくちゃ後味が悪く嫌な気分になった。

・いつも回転不足を取られるので、今回はそうならないように練習してきたと思うし、本人も出来たという気持ちがあったからこそのガッツポーズ。なのに何故?コストナーやオズモンドの方がジャンプ乱れていたよ!

・解説の八木沼さんも回転不足があったと言ってた。その減点があったとしてもあの点数はないよね。

・この舞台に立つために努力を重ねて来た選手が本当に気の毒です。腹立たしいし、呆れます。

・明らかに不満顔だったな

・カメラワークも不可解。見栄を切るところも最後のポーズも目力で魅せるところは絶対に正面から撮さないんだよね。意地悪かと思えてしまう。

・見所のステップにはいるところも後ろ姿でしたよね。いったい誰がやってるんでしょう、、、

・ソチもそうだったが、こういう採点見ると、競技への興味が削がれる。しばらく見てなかったが、やっぱり当分試合をちゃんと見たいとは思わない。

・なんだか会場の雰囲気も日本にはアウェーな感じが伝わってきます。平和の祭典なのに残念ですね。

・ああそうかー、バンクーバーのときのお礼ってわけね。

・今回のオリンピックは、日本勢にとっては非常に厳しい戦いになりそうだ。スポーツの祭典が、政治利用されないよう期待します。