フィギュア=宮原がGPファイナル出場、メドベージェワ欠場で

no1

国際スケート連盟(ISU)は1日、フィギュアスケート女子の世界選手権王者エフゲニア・ベドベージェワ(ロシア)が、7日に名古屋で開幕するグランプリ(GP)ファイナルをけがのために欠場し、補欠で最上位の宮原知子が繰り上がりで出場すると発表した。

メドベージェワは右中足骨を骨折しており、11月のNHK杯を優勝で終えてからギプスをつけていた。21日から始まるロシア選手権に向けて治療を優先するものとみられる。


引用元はこちら 

ブラウン、繰り上がり“日本凱旋”に驚き&喜び ファン歓迎「Nagoyaで待ってます」

no1 

フィギュアスケートのジェイソン・ブラウン(米国)がツイッターを更新。繰り上がりでグランプリ(GP)ファイナル(7~10日・名古屋)に“日本凱旋”が決まったことを受け、親日家の全米王者は「また来週!GPFに行きます!」と日本語で報告している。

国際スケート連盟(ISU)は1日に女子のエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)とともに男子のボーヤン・ジン(中国)がGPファイナルを棄権すると発表。ともに故障を抱えていた。ジンに代わり、繰り上がりで出場となったのがブラウンだった。

 ブラウンはこの日、ツイッターに英語で「アダム・リッポン、ネイサン・チェンとGPファイナルで戦う機会を得られて光栄だ。アメリカを代表することに常に誇りを持っている」と決意を記した上で「ボーヤン・ジン、すぐに良くなってくれ! 君のことを思っているし、早い回復を祈っている」と無念の棄権となった盟友へ向け、エールを送った。


引用元はこちら